婚活を年齢と本気度で検証、あなたに合うサービスは?


日本には多種多様な婚活サービスが存在します。
それぞれの婚活サービスには、適合する人の属性があります。
適当に選んで始めても、あなたが思い描くような結果にはなりません。

  • 「本気で婚活しているのに、いい加減な人が多く、結果が出ない」
  • 「これから婚活を始めたいが、何から始めたらいいのかわからない」
  • 「みんな真剣でちょっと引いた」

そんな経験をしている方は、本当にあなたに合った婚活なのか、考えてみてください。
ここでは、年齢と本気度から、あなたに合った婚活サービスが何かを検証していきます。

1. 年齢と本気度で適合する婚活サービスを図解

「あなたの年齢は?」
「あなたは本気で結婚したいと思っていますか? 」

年齢と本気度により、適合する婚活サービスをポートフォリオ化してみました。

10の婚活サービスを年齢と本気度で比較

”本気である”というメリットの裏には、”気軽に参加するサービスではない”というデメリットが隠されています。逆に、”気軽である”ということは、裏を返せば”本気度の高い方が集まるサービスではない”ということが言えます。

メリットしかない婚活サービスは、存在しません。これをご理解の上、婚活サービスを比較してみてください。

(婚活サービスによって、実際の適合範囲は異なりますが、あえて相対的に比較しやすいように同じ大きさの範囲円で配置していることに注意してください)

2. 婚活サービスの特性から適合する属性を検証する

さまざまな婚活サービスが上図のように配置される理由は?
それを理解することは、あなたの婚活ライフを一歩前進させることになります。

2-1. 友人と一緒に参加する婚活サービスは気軽さが売り

友人と一緒に参加する、グループ単位で行動する婚活サービスは、気軽さを求める方に適しています。
婚活サークルやイベント系パーティー、街コン、趣味コン、恋活パーティー、合コンなどです。
気軽さがこれらのサービスのメリットのひとつです。

裏を返せば、本気度が……。

2-2. 相手の見た目やスペックがわかる婚活サービスは30代前半まで

相手の外見やプロフィールがわかる婚活サービスは、30代前半までの方に適しています。
ネット婚活やフェイスブック婚活、お見合いパーティー、個室パーティー、データマッチングなどです。

婚活にとって、年齢が若いということは、それだけで大きな付加価値となります。
特に男性は、婚活において、年齢の若いほうを優先する方が非常に多いと言えます。

見た目やスペックが判断基準となるサービスの場合、人はもっともわかりやすい年齢を最初にチェックします。「この人は○歳なんだ」という第一印象を持つことになります。

—スペック—
年齢、身長、年収、学歴、家柄、婚姻歴などのプライベートな属性のこと。工業用語で、性能の数値が高い製品を「スペック(仕様)が高い」ということから造語的に使われる。

ネット婚活は、まさにその傾向が強いと言えます。
多くの登録者の中から、スペックを検索し、写真を見て、連絡をするのが、ネット婚活の流れです。
連絡を受けたほうも、相手のスペックや写真を見て、返信するかどうかを判断します。
当然ですが、年齢というスペックも大きく影響します。

今流行のフェイスブック婚活も情報を見て判断する形式ですので、ネット婚活と大きくは変わりません。
写真が登録されていない場合であっても、結局は何らかの情報を見て判断しています。
情報が少ない分、さらに年齢が大きく影響することになります。

データマッチングもさまざまなスペックを登録して、コンピュータ選択で相手を紹介するシステムです。
年齢は大きく関わってきます。

お見合いパーティーや個室パーティーは、1対1の会話がメインとなる婚活サービスです。
その流れは、顔を合わせて、プロフィールカードを見ながら会話する形式です。
初対面での短時間の会話では、人が認知しやすい見た目やスペックで印象を決める傾向が強くなります。
心理的に年齢も気になるはずです。

2-3. フィーリングや相性を重視した婚活サービスは30代以降でもOK

フィーリングや相性を重視した婚活サービスでは、30代以上の方が適します。
20代でも、相手との相性を重視したいという方には、適合するでしょう。

なぜなら、相手とのフィーリングや相性を重視する方は、年齢を気にしない場合が多いからです。
婚活サークルやイベント系パーティー、Webカメラパーティーが当てはまります。

婚活サークルでは、同じ趣味について語り合うことになります。
イベント系パーティーは、一緒に同じ体験をすることにより仲間意識が芽生えます。
Webカメラパーティーは、相手の雰囲気がわかる程度の映像で同じ趣味について話します。

これらのパーティーでは、会話を通してのフィーリングが決め手となります。
相手の年齢よりも、「楽しかった」「なんとなく合いそうな気がする」という印象を重視することになります。

2-4. 大人数対象の婚活サービスは20代中心

大人数で開催される街コン、趣味コン、恋活パーティー。多くの登録者から相手を選ぶネット婚活やフェイスブック婚活、データマッチング。
これらの婚活サービスは、20代や30代前半向きの婚活サービスと言えます。
大人数では年齢層も幅広くなりますので、自然と若い方が有利となるからです。

2-5. 一人で行動し、第三者が介入する婚活サービスは本気度が高い

個人で登録し、さまざまなアドバイスを促してくれる婚活サービスは、真剣度合いの高い方が集まるサービスと言えます。

結婚相談所がこれに相当します。データマッチングでアドバイザーをつけている方も同様と言えます。
よいアドバイザーが担当してくれれば、年齢にかかわらず、きっとよい方向に導いてくれるでしょう。

しかし、自分の目で選びたい方にとっては……。

お見合いパーティー、個室パーティー、Webカメラパーティーは、原則1人で行動します。
1対1で会話を行い、運営側からの指示もあります。
結婚相談所やデータマッチングほどではないですが、本気度の高い方が参加するパーティーと言えます。

2-6. 高額な費用がかかる婚活サービスは本気度が高い

婚活サービスの中で、高額な費用を要するのは、結婚相談所とデータマッチングです。
当然ですが、婚活に高額な費用をかける人ほど、結婚に対する本気度が高いと言えます。

出会いの幅を広げ、いろいろな方と出会って決めたいという方には……。

2-7. インターネットを利用する婚活サービスは気軽さが売り

インターネットを利用するネット婚活、フェイスブック婚活、Webカメラパーティー。

これらの婚活サービスは、自宅からの活動となるため、忙しい方にはとても重宝することでしょう。
そして、気軽さが売りのひとつと言えます。

まとめ.思い切って一度だけ体験する

婚活サービスには、特徴があります。
ここでは、年齢と本気度を軸に検証してきました。
あなたの合いそうな婚活サービスをイメージできたでしょうか?

しかし、これらの特徴は、あくまでサービス側から見たひとつの側面でしかありません。
人はみな千差万別、それぞれ特性や立場があるので、さらに詳しく理解する必要があります。

結婚相談所やデータマッチングなどのサービスを除き、各婚活サービスの費用はそれほど高額なものではありません。
自分に合っているように感じた婚活サービスを、一度体験してみてください。
体験してみて自分にフィットするようであれば、その婚活サービスをしばらく続けてみてください。

それぞれの婚活サービスの詳細な解説をみるためには、以下のページをご覧ください。

婚活サービス徹底比較に戻る