お見合いパーティーの流れと特徴を徹底解説


お見合いパーティー多種多様な婚活サービス、その中で最もポピュラーと言えるのが、お見合いパーティー、カップリングパーティーです。
さまざまなメディアや雑誌で取り上げられ、その内容を見ると、とても晴れやかで楽しそうです。

あなたが、20代・30代前半で、初対面でも気軽に話すことができ、見た目とプロフィールに少し自信があるならば、ぜひ参加してみてください。

お見合いパーティーやカップリングパーティーの特徴や流れ、適する属性を事前に理解してから、チャレンジすることをお勧めします。

1. お見合いパーティーとは

お見合いパーティーは、指定の会場に集合して、1対1の会話を2回行い、最後にカップルを発表します。
この様から、お見合いパーティーまたはカップリングパーティーと呼ばれます。

お見合いパーティーの参加人数は、男女それぞれ数人〜20人程度です。
人気のあるパーティーでは、20人が集まる場合もあれば、開催ぎりぎりの場合は相手が5〜6名という場合もあります。

お見合いパーティーに参加するためには、その参加費を事前または当日に支払う必要があります。
実際の参加費は、パーティーの種類によって大きく異なります。

通常のお見合いパーティーの場合は、女性よりも男性の方が高い料金が設定されている場合がほとんどです。
男女の価格差は、2〜3倍に設定されていることも珍しくありません。
飲み物だけの配膳であれば相対的に低額となり、男性6,000円、女性2,500円などが設定されています。
パーティーによっては、女性参加費500円のところもあります。
ディナー付きであれば、それぞれ2,000円程度上乗せとなります。

お見合いパーティーの中には、男性が医者限定とか、女性30代・男性20代といった男性年下の年齢制限のパーティーもあります。
男性のスペックが高いパーティーでは、男性の参加費は2,000円程度と低額に抑えられ、女性の参加費が8,000円〜1万円になるケースもあります。
それだけ、ハイスペックの男性に出会う機会は貴重なものと考えられています。

2. お見合いパーティーの流れ

お見合いパーティーの時間は90分から2時間程度で、おおよそ次のような流れで進行します。

2-1. プロフィールカードの記入

会場に到着したら、身分証明書を提示し、指定のカードに自分のプロフィールを記入します。
プロフィールの項目には、以下のような項目があります。

  • 年齢
  • 住所(市区町村)
  • 職種
  • 学歴
  • 身長
  • 婚姻歴
  • 家族構成
  • 年収(男性のみ)

また、パーティーによって、会話のネタになりそうな項目もあります。
例えば、以下のような項目です。

  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 好きな食べ物
  • 好きな映画
  • 好きなタイプ

2-2. 3分程度の自己紹介

1対1で異性の参加者全員と2〜3分間の会話を行います。
プロフィールカードを交換して、自己紹介をし、いくつかの質問を行います。
時間がきたら、全員一斉に次の相手との会話に移ります。
女性は壁際の席に固定で座り、男性が隣の席に移動することを繰り返すことから、「回転寿し」と呼ばれています。

2-3. 第一印象の選択

一通りの自己紹介が終わると、番号表が配られ、第一印象の良かった相手を3〜5名程度選びます。

番号表を回収、集計後、各自の選択結果の通知カードが配付されます。
通知カードを見ると、自分によい印象を持ってくれた相手が分かります。

2-4. フリータイム

自分が話したい相手に声をかけて会話するフリータイムが始まります。
たいてい男性から女性に声をかけ、1対1の会話が始まります。
5分ほどしたらアナウンスがあり、相手が入れ替わります。
これを4〜6回繰り返します。

パーティーによっては、男性から声をかける回、女性から声をかける回に分けて進行する場合があります。

2-5. カップリング相手を選択

フリータイムを終えたら、最終的にカップリングしたい相手を選択します。
順位をつけて、3〜5名程度選びます。

2-6. カップル発表

相手を選択したカードが回収され、各自の結果を集計後、カップル発表となります。
お互いに相手を指名していて、最も順位の高いマッチングが算出され、カップル成立となります。

「最初のカップルは、◯番の男性と◯番の女性です」というアナウンスと同時に、コールされたカップルが参加者の拍手の中、前に並び、会場を退室します。
カップルが成立した方は、連絡先を交換したり、食事に行ったりということになります。

3. お見合いパーティーの特徴

お見合いパーティーの流れを理解した上で、特徴を検証してみましょう。

3-1. プロフィールカードは役に立つ、でもいやな人も……

パーティーが開催される前に記入するプロフィールカード、会話中に相手に提示します。
これにより、相手に聞きにくいこともプロフィールカードを見ればわかります。

「年収はいくらぐらいですか」「大卒ですか」「身長はどのくらいありますか」「離婚経験は?」などの質問は、初対面の人に面と向かって尋ねることはなかなかできません。
聞きにくい質問も、プロフィールカードを見れば、確認することができます。

また、初対面の会話の話題としても大いに役立つはずです。

しかし、一方、年齢や年収、学歴、婚姻歴、家族構成など、プライベートなことに答えたくない方にとっては……。
記入は自由なのですが、空欄にすると「自信がないから書けない」「問題があるから書けない」と思われる?

3-2. 1対1の会話は必要不可欠、でも大変

ファーストコンタクトは、1対1のセッティングですので、相手だけに集中して会話を行うことができます。

特定の趣味などをテーマに設定し、それに興味のある男女が集合するお見合いパーティーもあります。
この場合、プロフィールカードに加え、さらに共通の話題があるので、会話内容に困ることはないでしょう。
「オタク婚活」などの造語がこれにあたります。

しかし、回転寿しは、思ったよりも大変疲れる作業です。
相手が入れ替わって会話が始まる前に、印象をメモしたり、プロフィールを見たり、何を話すか決めたり、目まぐるしく時間が過ぎていきます。
そして、これを何人も連続で繰り返すのです。

初対面で大人数でのわずかな時間の会話では、思い出すのも一苦労でしょう。
しかし、第一印象のよかった相手を決めなければなりません。
結果、最も人が認識しやすい「カッコよかった」「背が高かった」「可愛かった」「すごい年収だった」「若かった」などの見た目やスペックで第一印象が決まってしまいます。

3-3. フリータイムは男性がリード、女性は受け身?

参加者の第一印象を通知してくれるので、自分に興味を持ってくれている相手がわかります。
その情報を確認してからフリータイムに臨むので、男性にとっては誰に声をかければよいか、わかりやすいですね。

しかし、女性にとっては、かなりのリスクがあります。
男性から声をかけられたら、断ることはできません。女性が他に話したい方がいたとしても……。

そして、声をかけられる女性は、集中しがちです。
また、最近の男性は、声をかける行為が苦手の方も多いはず。
結果、ちょうどよく全員が男女ペアで話すというわけにはいきません。
フリータイム中、孤独になるリスクが大いにあるのです。
もし、誰からも声をかけてもらえなかったら……。

3-4. 結果がその場で分かるカップル発表

お見合いパーティーは、カップリング結果が即日判明するというメリットがあります。
カップリングの結果が出るまでは、ドキドキです。それが楽しくもあり、刺激になります。

しかし、カップルになれなければ気まずい状況に陥るかもしれません。
全員が注目する中、一組ずつカップルが成立した人の番号がコールされ、幸せそうに退室していきます。
最後のカップルがコールされ、「以上になります」と言われたあと、きっと喪失感と場違いな感覚を受けるでしょう。
そして、自己嫌悪……。「一刻も早く帰りたい」

3-5. パーティーとしての盛り上がり

お見合いパーティーの会場には、参加者全員がいます。
会話中もリアルタイムに隣の声が聞こえ、自分以外の行動も見えますので、「よし負けずにがんばるぞ」とモチベーションが上がります。

異性だけではなく同性との会話を楽しむ方もいて、婚活情報の交換や友達になるケースもあります。
このようなパーティーとしての盛り上がりがあるのも、お見合いパーティーのよいところです。

4. お見合いパーティーの注意点

お見合いパーティーの参加費をチェックしてみてください。
たいていの女性料金は男性料金よりも安く設定されていますが、安すぎると感じたら注意が必要です。

女性が集まらないから安くするしかないかもしれません。
そして、安いという理由で参加する女性は、本気度が低いと考えられます。

まとめ.若くて見た目やスペックに自信があれば

お見合いパーティーでは、第一印象枠に入らなければ、次はありません。
第一印象は、年齢と見た目、スペックが大きな要因を占めます。
あなたが以下のように自己分析するのであれば、お見合いパーティーは向いているかもしれません。

  • 年齢は30代前半まで
  • 見た目やスペックはある程度よいほうだ
  • 初対面でも気さくに話せる

参加する場合は、男性は原則スーツ、女性は清潔感のある服装やメイクを心がけてください。
お見合いパーティーには、本気度の高い方が集まります。
うまくいけば、よい出会いに巡り合える可能性があります。
お見合いパーティーによっては、デメリットを解消するために幾つかの工夫を加えている場合もあります。
詳しくは、各パーティー情報を調べてみてください。

よいご縁があることを。

婚活サービス徹底比較に戻る