街コン、趣味コン、恋活パーティーの流れと特徴を徹底解説


街コン街コン、趣味コン、恋活パーティーは、百人以上の規模で行う大人数パーティーです。
それぞれのパーティーの流れは異なる場合もありますが、パーティーの特徴はほぼ同じです。

これらのパーティーは大人数のため、友人と一緒に参加し、ともに行動します。

あなたが20代で、「婚活っぽいイベントはいやだ」「一緒に遊ぶ友達が欲しい」「友人と一緒に参加したい」と思っているのであれば、ぜひ参加してみてください。

街コン、趣味コン、恋活パーティーのそれぞれの違いを理解し、参考にしてください。

1. 街コン、趣味コン、恋活パーティーとは

街コンとは、街や自治体を巻き込んで、地域活性化のために開催される大人数のパーティーで、飲食が中心となります。
大規模なものでは、数百人〜数千人単位の場合もあります。
複数の飲食店を巡るグルメツアーと出会いを共存させたイベントと言えます。

趣味コンは、テーマが決まっていて、それに興味がある男女が数百人規模で集まり、そのテーマを遂行しながら、出会いを楽しむイベントです。
例えば、ハイキングやディズニーランド、観光巡り、ゲームなどのテーマがあり、それらを遂行しながら、会話を楽しみます。

恋活パーティーは、街コンと近いイメージですが、地域活性化が目的ではありません。
大規模な立食パーティーのようなイメージで、飲食と出会いを楽しむ大規模なパーティーです。

3つの婚活イベントは、友人とともに行動し、声をかけて会話するフリータイム形式です。
パーティーでは盛り上がるためのイベントが用意されています。

また、非常に安価な参加費が設定されています。
例えば、飲み放題食べ放題のイベントでは、男性6,000円、女性4,000円程度となります。

2. 街コン、趣味コン、恋活パーティーの流れ

街コンや恋活パーティーは飲食中心のパーティーですので、開始から終了まで飲食しながら、自由に声をかけて会話する形式となります。
趣味コンはテーマを遂行しながら、こちらも自由に声をかけて会話を楽しむイベントです。

いずれも主体は友人とのグループであり、特に運営側から個々への指示はありません。
1対1の会話やカップリング、プロフィールカードのようなものもありません。

3. 街コン、趣味コン、恋活パーティーの特徴

街コン、趣味コン、恋活パーティーには、大規模に行われるパーティーならではのメリットがあります。
1つひとつ検証してみましょう。

3-1. 多くの人との出会えると思うかもしれないけれど……

他の婚活パーティーとの大きな違いは、大人数であることです。
人数が多ければ、それだけ多くの方に接するチャンスがあります。
他の婚活パーティーのような10人、20人規模ではなく、100人単位で知り合える可能性があるのです。

しかし、それは、現実的ではありません。
実際には数人としか話すことはできません。
なぜなら、一度話し始めると数分で終わることはないからです。
仲良くなったら、30分は話すことになるでしょう。
パーティー時間が2時間としたら、多くても4グループとなります。
結局は数人としか話す機会はありません。

会話時間が決まっていてローテーションする他の婚活イベンントの方が、結果的には多くの方と接することになります。

3-2. 時間を気にすることなくフリーな会話を楽しめる

街コン、趣味コン、恋活パーティーでは、開始から終了までほとんどの時間がフリーな会話となります。
会話に時間制限はありませんので、自分たちが考えた通りに進行することができます。
会話中のグループに、新しく仲間に入れてもらうことも特に問題はありません。

しかし、男性グループは、女性グループに声をかけないことには出会う機会はありません。
また、声をかけたとしても気に入られなければ「ちょっとトイレに行ってくるので」と、足蹴にされることもあるでしょう。
このような様子は、悪い言い方をすると、ナンパ感覚であるとも言えます。

3-3. パーティー気分を満喫できる

街コン、趣味コン、恋活パーティーでは、友人と一緒に行動します。
隣には常に友人がいるというシチュエーションは、とても心強く楽しいと感じるはずです。

また、パーティーを盛り上げるためにさまざまなアトラクションやイベントが用意されている場合もあります。
仲の良い友人と一緒にパーティーを満喫できるのですから、まるでどこかに遊びに行っているような気分になるでしょう。

反対の見方をすると、参加者全員が出会いを求めているわけではないということになります。

例えば街コンでは、安価であるがゆえ、地元の夫婦やその子供まで参加しているケースも見受けられます。
街コンは地域活性化がひとつの目的ですので、参加条件はあったとしても、実際に確認することはないでしょう。
また、趣味コンや恋活パーティーの場合も、出会いよりも友人と楽しむためだけのために参加している人も多いでしょう。

気軽である分、婚活としての意識は低いイベントと言えます。

まとめ.婚活前のお友達探し

街コンや趣味コン、恋活パーティーは、大規模ならではのメリットとデメリットがあります。
原則友人との参加が前提ですので、出会いを求めるというよりも、友人と一緒にパーティーを楽しむ目的で気軽に参加したほうがよいでしょう。

  • 20代〜30代前半である
  • 友人と一緒に楽しみたい
  • 婚活というよりも、一緒に遊ぶ友達が欲しい

といったようなノリで気軽に参加すべきパーティーです。

街コンや趣味コン、恋活パーティーは友人との行動が大前提ですので、1人で参加するパーティーではありません。
真剣な出会いを求めているのであれば、原則1人で参加したり行動するパーティーやもっと少人数のパーティーに参加するべきです。
すべてフリーな会話であることも、本気で婚活を考えている方には、適しません。

街コンは大人数を集める必要があるため、参加年齢条件が非常に幅広いのが特徴です。
20代前半の方も多く参加しています。
30代後半から40代が出会いを求めるパーティーではありません。

また、趣味コンや恋活パーティーも、たいていの参加年齢条件は30代前半までです。
30代後半以上の方には、もっと着実な婚活が適するはずです。

大人数の中には、ナンパ目的で来ている男性グループも多いことに注意してください。

よいご縁があることを。

婚活サービス徹底比較に戻る