婚活サークル、イベント系パーティーの流れと特徴を徹底解説


イベントパーティー婚活サークル、イベント系パーティーは、グループでの行動を主体とした、共通の趣味や体験をテーマに集まるパーティーです。

テーマは多種多様で、実際にそのテーマを遂行するイベントであったり、特定の趣味やスポーツなどに興味のある男女が集合するイベントもあります。

あなたが、「友人と一緒に参加したい」「友達から始めたい」と思っているなら、ぜひ参加してみてください。

婚活サークル、イベント系パーティーの流れや特徴を十分理解して、参加することをお勧めします。

1. 婚活サークル、イベント系パーティーとは

婚活サークル、イベント系パーティーとは、特定の趣味やテーマが設定され、それに興味のある男女が集まるパーティーです。
お見合いパーティーとは異なり、1対1のお見合い形式ではなく、グループでの行動がメインとなります。

婚活サークル、イベント系パーティーは同義語ですので、以降婚活サークルと呼びます。
ただし、テーマによっては婚活サークルとは呼ばない場合がありますが、ここでは婚活サークルと呼びます。

婚活サークルのテーマは多種多様ですが、主に次の2つに分類することができます。

  • クッキング、バスツアー、ディズニーといったアクティブなテーマ(以降、アクティブテーマと呼びます)
  • ミスチル、プロ野球、アニメなどの趣味やファンに関するテーマ(以降、趣味テーマと呼びます)

アクティブテーマの場合は、設定されたテーマが遂行可能な場所が集合場所となります。
例えば野球観戦がテーマの場合、東京ドームが集合会場となり、実際に野球観戦を行います。

趣味テーマの場合は、趣味についての会話がメインとなりますので、飲食店などが会場となります。

参加人数は男女それぞれ10〜30名程度です。
また各年齢層に対応したテーマが用意されていることも特徴の一つです。

参加費はテーマによって大きく異なります。
アクティブテーマの場合は、テーマを遂行する費用も含むことになります。
例えばナイトクルーズ+ディナーがテーマの場合は、2万円近くかかることもあります。
趣味テーマの場合は、飲食がメインになるので、数千円程度です。

2. 婚活サークルの流れ

婚活サークルの時間は90分から2時間程度で、テーマにより若干流れは異なります。

2-1. アクティブテーマの流れ

アクティブテーマの場合は、参加者全員が同じ体験をすることになります。
テーマにより、1対1の会話があったり、グループを作ったりとさまざまなシテュエーションがあります。
そして、途中で会話相手やグループメンバーの入れ替えが行われ、続きを進行します。

例えば、クッキングがテーマの場合は、最初に自己紹介をした後、各テーブルやシンクごとに数名程度のグループを作り、料理の先生の指示のもと、一緒に料理を作ります。
完成した料理を試食しながら、フリータイムとなります。

バスツアーでは、移動中は1対1の会話で定期的に相手が入れ替わり、到着後はグループ行動となります。
帰り道でも同じことが繰り返されます。

終了後は、気のあったグループで連絡先を交換したり、二次会に行ったりと、運営側が促します。

2-2. 趣味テーマの流れ

趣味テーマの場合も、アクティブテーマに近い進行が行われます。
男女2名ずつの4名で1つのテーブルを囲み、グループで会話を行います。
20〜30分程度経過したところで、グループメンバーのシャフルが行われ、新しい4人グループでの会話がスタートします。
これを数回繰り返します。

終了後は、二次会に行くよう、運営側が促します。

3. 婚活サークルの特徴

婚活サークルの特徴は、グループで行動することにあります。
ブレークダウンして、詳しく検証してみましょう。

3-1. 同じ体験、同じ趣味の仲間であることの一体感

婚活サークルでは、設定されたテーマで集合したという仲間意識があります。
共通の体験や趣味という、最初から話す内容が決まっているということは大きなメリットです。
会話が楽しければ、さらに仲間意識が深まるでしょう。

自分を理解してもらうためには、自分らしさを表現することです。
同じ体験や趣味の仲間で、共通の話題があれば、その中で自然に自分らしさを出すことができるでしょう。

また、同じ趣味や体験を通してよい印象を持った方は、見た目やスペックよりもフィーリングを重視するため、年齢を気にしない方が多いと言えます。

3-2. プロフィールカードはない場合が多い

婚活サークルでは、お見合いパーティーのような、プロフィールカードが用意されていない場合もあります。
バスツアーのような1対1の会話がある場合は、簡単なものが用意されています。

婚活サークルのテーマによっては、簡単な質問に対する回答がわかるようになっている場合もあります。
例えば、ミスチルがテーマだったとしたら、好きな曲をネームプレートに書くのです。
それを見た人は、「いいよね、この曲」という会話が成立します。

趣味や体験のテーマで集合するパーティーに、詳細なプロフィールは必要ないかもしれません。

3-3. グループ会話なので緊張しない

婚活サークルでは、グループでの行動がメインです。
初対面での会話は誰でも緊張しますが、話題がすでに決まっているということに加え、グループであるということも、緊張感を大きく緩和してくれます。

しかし、その一方、グループでの会話では、その中に仕切り役が必要です。
もし、グループの中で誰も責任感がなく、仕切る人がいなかったら、会話は長くは続かないでしょう。

あまり話さない積極性がない男性が2人揃ってしまい、それが20分続いたら……ちょっと痛い時間になってしまうかもしれません。

また、婚活サークルに1人で参加する方はあまりいません。
1人参加でも問題ありませんが、たいていはご友人と申し込むことが多いです。
パーティー後の二次会で、隣に座る人が友人であれば、心強いですからね。

3-4. 二次会参加が前提

イベント終了後は、参加者の中からきっと誰かが「二次会行くひと〜」と号令がかかるでしょう。
二次会に参加することで、より仲間意識やお互いの理解を深めることになります。

実は、二次会からが本当の婚活といってもいいでしょう。
婚活サークルでは、カップリングのためのプロセスがないので、連絡先を交換するのも二次会がメインとなります。

婚活サークルは、友人と一緒に気軽に楽しむことをメインにおいているパーティーなのです。

悪い言い方をすれば……。
結局は、合コンのような形になります。

パーティーによっては、女性の反応が悪く、二次会に参加する女性が極端に少ない場合もあります。
「二次会は好きではない」とそこで帰ってしまったら、「楽しかった」だけのただの井戸端会議に終わります。
それでは、婚活として意味がありません。

会話中に気になった特定の男性から「このあと飲み直しませんか」「このあとお茶しませんか」と声がかかればいいのですが、そんな漫画のようなシチュエーションがあるわけがありません。

また、パーティー参加費と二次会の会費と合わせると、高額と感じる場合もあります。

まとめ.友人と一緒に気軽に楽しむ

婚活サークルは、グループでの会話が主体となるため、合う方もいれば、合わない方もいます。
しかし、共通の体験や趣味というテーマは、きっと緊張感を緩和する大きな要因になるでしょう。

次のようなイメージで婚活したいのであれば、婚活サークルは適していると言えます。

  • 友人と一緒に遊び感覚で婚活したい
  • 友達からスタートしたい
  • 趣味を誰かと楽しむ時間を味わいたい
  • 合コンは好きな方だ

婚活サークルは、お見合いパーティーなどに比べて婚活というカラーが薄いイベントです。
結婚相手を探すというよりも、「楽しめればいい」程度の軽い気持ちで参加すれば、満足度の高い婚活パーティーとなります。
気軽に婚活を始めたい方であれば、あなたの地域や年齢で、参加できそうなテーマを探してみてください。

また、婚活サークルは、幅広い年齢層が適する婚活サービスです。
婚活サークルは、年齢に応じたさまざまなテーマが設定されていますので、テーマに合ったパーティーに参加することをお勧めします。。

よいご縁があることを。

婚活サービス徹底比較に戻る