Webカメラを使用した会話はどんな感じ?


フリータイムには、いろいろな問題があるのですね。

そうですね。
初対面で人見知りする方には、適さないイベントですよね。
それに、声をかけられた側に拒否権はないですし、声をかけられない可能性があるのは女性にとってきついですよね。

マリーアイにフリータイムは必要ありません。
みなさんが選択した第一印象の結果を一瞬で集計して、公平に次の会話相手が決まるのです。

Webカメラで会話したことがないのですが、どんな感じですか?

Webカメラの会話1対1でWebカメラを使って会話した経験がある方は、その使用感が分かると思いますが、一般的にはわからない方のほうが多いでしょう。

実際にWebカメラで1対1で会話してみると、対面して会話する場合とほとんど変わらないと感じるはずです。
英会話などでは、当たり前のように個人レッスンで使われていますからね。
逆に、近すぎず遠すぎずの立ち位置を気軽に思えたり、見られる範囲が制限されるので便利と感じるはずです。
Webカメラは、1対1の会話にとても適しています。

マリーアイの「パーティーを体験する」ページでも、自分の姿のWebカメラの映像を表示することが可能ですので、ぜひやってみてください。

最後にカップル発表が行われます。

従来のお見合いパーティーでは、この前に、やはり沈黙の十数分の集計時間があります(笑)。
その後、全員の前でカップルになった方を順番に番号でコールします。
番号を呼ばれた方は、参加者の拍手の中、会場を退出してカップル相手と改めて話すわけです。
最後まで残ってしまった方は、カップル不成立となります。

想像してみてください、最後まで残った方たちの気持ちを。

進行係から「以上になります」と言われた後、落ち込んだまま会場を後にします。
会場の外には、先に退出したカップルたちが楽しそうに話しているのです。
それを横目に帰るのです。

もしカップルになったら、その直後が重要です。
盛り上がった気持ちのまま、もっと会話を重ねて相手を理解することにより、自分の気持ちが整理できるというものです。
人はすぐに冷めるものです。
連絡先を交換しただけであれば、2、3日経つと本当に今後付き合うべき相手なのかよくわからなくなり、だんだん面倒に思えてきます。

マリーアイでは、カップルになると、そのまま10分間のお見合いを行います。
お見合いが成立したかどうかは、自分の画面だけに表示されます。

お見合いが成立したら、今度はふたりだけでマスキングなしのお見合いを行うサードステージに進みます。
そして、連絡先を伝えるかどうか選択するのです。
これで連絡先をゲットできたら、きっと素敵な関係を築けるでしょう。

お見合いが成立しなかったとしても、復活チャンスがあります。
パーティーでお話しされた参加者の中から1名を選び、メッセージと連絡先を送ることができます。

「あなたとの会話が忘れられません。…」といったメッセージを送信することが可能なのです。
連絡があるかどうかは、お相手次第ですが、「もしかしたら」と思ったら、きっとワクワクしますよ。
少なくとも、ひとりで寂しく帰ったり、カップルたちと遭遇するようなことはないですね(笑)。

なるほど、カップルになれなかったとしても、「もしかしたら」と期待しちゃいますね。

私たちが目指しているのは、誰も嫌な思いをしないサービスなのです。
嫌な思いをした方は、二度と利用してくれないでしょうから。

しかし、マリーアイでは、実現できないことも、いくつもあります。
同性の方との会話、参加者が集合しての会話は、ありません。
イベントとしての盛り上がりを参加者全員で肌で感じたい、といった声には応えられません。

また、全身を見ることはできないので、服のコーディーネートを重視する方には向きません。
飲食を配膳できないので、飲食目的の方にも適しません。

そんな目的の人がいるんですか?

参加する方の重視する点は、人それぞれです。
もしかしら、パーティーイベントとして盛り上がりたい方もいらっしゃるかもしれません。

私たちは、従来にない新しいパーティースタイルを確立しようとしています。
従来のお見合いパーティーで十分満足していると考えているのであれば、新しい婚活スタイルを体験する必要はないかもしれません。